• ホーム
  • 我慢できない膣カンジダのかゆみを抑える!カーネステンクリーム

我慢できない膣カンジダのかゆみを抑える!カーネステンクリーム

2020年05月04日

膣カンジダ症になってしまうと、人によっては我慢できないほどのかゆみを覚える場合があります。その場合は、治療薬を用いることで症状を改善していかなければならないと言えるでしょう。皮膚カンジダや膣カンジダに効果がある治療薬にはエンペシドクリームやカーネステンクリーム、カーネステン膣錠などがあるので、それぞれの特徴を知って自分に合ったものを選択すると良いです。

カンジダは白癬菌が原因となって起こる病気なので、カビの一種である白癬菌に対して抗菌効果がある医薬品を用いることで、症状を改善することができます。エンペシドやカーネステンにはクロトリマゾールという成分が含まれており、このクロトリマゾールはアゾール系で真菌感染症に効果がある成分です。原因菌が繁殖したり増殖したりするために必要な合成が阻害されることによって原因菌が細胞死するため、殺菌的な作用を期待することができると言えます。原因菌を根絶することができるので、きちんと服用すれば完治させることができるというわけです。

エンペシドクリームとカーネステンクリーム、カーネステン膣錠にはそれぞれどのような違いがあるかわからない人も多いと思いますが、基本的には似たような治療薬だと考えて良いでしょう。エンペシドクリームは先発薬であり、そのジェネリック医薬品として開発されたのがカーネステンクリームです。ジェネリック医薬品は先発薬と同じ有効成分を含んでいるのでどちらもクロトリマゾールが主成分として配合されていますし、その効果もほとんど同等であることが認められています。何となくジェネリック医薬品に対して抵抗がある人は少なくありませんが、実際のところジェネリックだと言って何か問題があるわけではありませんので、どちらを使用しても問題ないです。カーネステン膣錠に関しては、クリームではなく膣に挿入するタイプの錠剤であるという違いがあります。

ジェネリック医薬品は安く利用することができるというメリットがあるので、費用を抑えたい人にはおすすめです。何故同じような成分で同等の効果があるのに安いのかと不思議に思う人もいるかもしれませんが、先発薬と異なって開発コストを削減することができるので、販売価格が安くても利益が出るため安い価格で販売されています。つまり、品質が著しく悪いなどの問題はありませんので、安心して使用することができるはずです。ジェネリック医薬品を利用したいのであれば、医療機関で医師に相談するか、個人輸入代行サービスを利用することができる通販サイトを利用しましょう。

個人輸入代行サービスと聞くとどのような仕組みかわからない人もいるかもしれませんが、これは海外から薬の取り寄せを代行してくれるサイトです。基本的には注文も日本語でできて、サポートも日本語でしてもらうことができるので安心だと言えます。日本人が運営しているサイトであれば何かあったときもサポートしてもらいやすいので、信頼できるサイトを選ぶようにしてください。通販サイトを利用して治療薬を購入するのであれば、医師や薬剤師から直接指導を受けることができませんので、副作用や使用方法は自分で調べるようにしましょう。副作用が生じてしまった場合は使用を中断し、症状によっては医療機関を受診することも視野に入れてください。

膣カンジダや皮膚カンジダに感染してしまった場合は、ひどいかゆみに悩まされることもあります。症状を改善したいと思うのであれば、効果の高いエンペシドクリームやカーネステンクリーム、カーネステン膣錠を利用しましょう。皮膚の表面に塗布するのであればクリームタイプ、患部に直接アプローチしたいのであれば膣錠を選択すると良いです。