• ホーム
  • 性器のイボは尖圭コンジローマかも?治療するならイミキアドクリームで!

性器のイボは尖圭コンジローマかも?治療するならイミキアドクリームで!

2020年03月06日

性感染症には様々な種類のものがありますが、性器にイボが見られる場合は、尖圭コンジローマに感染している可能性が高いです。尖圭コンジローマに感染すると、ピンク色や薄い茶色でニワトリのトサカのような形をしているカリフラワー状のふくらみやお椀を伏せたような乳頭状のふくらみが見られるようになります。このイボを放置しておくと大きくなるだけではなく、数も増えてしまい治療が困難になるので、早急に処置することが大切です。

尖圭コンジローマでイボができた場合は、外科手術によって取り除かれることが多いと言えます。大きくなる前に取り除かなければ、ますます症状が悪化してしまう可能性があるので、電気メスを用いて切除したりレーザーを照射して焼き切ったり、液体窒素による凍結療法で除去したりするのです。ですが、外科手術によって取り除けたように見えても、皮膚内部に潜伏しているウイルスが皮膚表面に出てくると、またイボが生じてしまうことがあります。つまり、一度の外科手術では完全に治し切ることができないのが尖圭コンジローマの大きな特徴だと言えるのです。

尖圭コンジローマの治療法は外科手術によるものだけではなく、クリームを塗布することによっても症状を緩和することができます。イミキモドと呼ばれる成分が配合されているベセルナクリームを使用すれば、原因ウイルスであるヒトパピローマウイルスの増殖を抑えるだけでなく、それに感染してしまった皮膚の細胞を壊してくれるので、効果的にイボを消失させることができるのです。ベセルナクリームのジェネリック医薬品にはイミキアドクリームがありますので、治療費を抑えたいという人は同じような効果を期待することができるイミキアドクリームを使用しても良いでしょう。

外科手術を行う場合は、麻酔などを利用したとしても痛みや恐怖が伴いますし、人によっては絶対に手術を行いたくないと感じる人もいます。けれども、ベセルナクリームやイミキアドクリームを用いれば、痛みや恐怖を感じることなくイボを消失することができるので、利用を検討してみると良いです。これまでの臨床試験から尖圭コンジローマによるイボをベセルナクリームやイミキアドクリームでなくすことができたという実績はありますが、イボが大きくなるとクリームだけでは対処しきれない可能性もあります。ですから、そうなる前に病院に行ったり治療薬を使用し始めたりしなければならないでしょう。

性器にあらわれた症状を医師に見せることが恥ずかしくて、病院に行くことを先延ばしにしてしまう人は少なくありませんが、早く治療を開始しなければ外科手術が必須となってしまったり、治療が長引いてしまったりする可能性もあります。そうならないようにするためにも、性器にイボができたなど尖圭コンジローマの疑いがある場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてください。早期発見から治療を行うことができれば、イボが大きくなる前にベセルナクリームやそのジェネリック医薬品であるイミキアドクリームを用いることで完治させることができます。

ベセルナクリームやイミキアドクリームは、病院で処方してもらう以外に個人輸入代行サービスを行っている通販でも購入することが可能ですので、もしも自分で購入したいのであれば、そういったサイトを利用しましょう。いずれの方法で治療を進めて行くとしても、早い段階から薬を塗布できるようにしておくほうが、早い完治につなげることができます。尖圭コンジローマになってしまったかもしれないという疑いがあるのであれば放置せずに、医療機関を受診して検査を行ってもらったり、自分で薬を購入して適切な治療が進められたりできるようにしましょう。