• ホーム
  • 再発させずに性器ヘルペスを治すならゾビラックスにお任せ

再発させずに性器ヘルペスを治すならゾビラックスにお任せ

2020年02月20日
病原体

ヘルペスは潜伏期間が1~2週間ほどあるので、なかなか感染したことに気づかない人も多いものです。しかしながら、もしウィルスに感染しているのであれば、早急に治療を進めなければウィルスがどんどん繁殖して、治療が大変になってしまいます。ヘルペスであることが発覚したときには、ゾビラックスと呼ばれる治療薬を用いて、症状を改善していくことがおすすめだと言えるでしょう。

ゾビラックスはアシクロビルを主成分としている治療薬であり、単純疱疹や帯状疱疹に効果のある薬として知られています。このアシクロビルはDNAポリメラーゼ阻害薬のひとつであり、ウィルスが増殖するために必要となるDNAポリメラーゼを阻害することによって、ウィルスが増殖しないように抑制するといいう作用を発揮するのです。ゾビラックスは急性型ヘルペスも帯状疱疹にも効果があり、すべてのヘルペスウィルスに対して有効な作用をもたらします。この治療薬は医療機関や薬局で処方してもらうこともできますが、ドラッグストアでは市販されていないので、自分で手に入れたいと考えるのであれば個人輸入代行サービスを利用しなければならないでしょう。

医療機関でゾビラックスを処方してもらうのであれば、医師や薬剤師から飲み方や副作用についての説明を受けることができますが、自分で購入する場合は自身で飲み方や副作用を調べなければならないことを知っておくと良いです。どの治療薬にも副作用は存在していますが、ゾビラックスの場合は腹痛や下痢、貧血や過敏症などが起こる可能性があるので、異変が生じたときはすぐに服用を中断して、症状によっては医療機関を受診するようにしてください。用法用量に関しては購入した錠剤にどれほどの有効成分が含まれているかでも服用すべき量が異なりますので、自分の症状と治療薬に含まれている成分の量を考慮して服用する量がいくらになるか調べておくようにしましょう。

急性型ヘルペスはすぐに症状が出ますが、そうでない場合は1~2週間ほど症状があらわれないこともあり、発見が遅くなる可能性もあります。ヘルペスウィルスに感染したことに気づくことができなければ、治療を長引かせてしまう原因にもなってしまうかもしれません。知らない間にウィルスが増殖していて、治療薬を用いてその活動を抑制させることが難しくなるかもしれないのです。ヘルペスはとても再発しやすい病気でもあるので、感染した場合はなるべく早く治療が始められるようにしなければなりません。

再活性化しやすいヘルペスウィルスを活性化させず抑制化しておくためには、治療薬を飲み続けることが重要だと言えるので、症状が緩和したと感じてもすぐに服用をやめてしまうことはおすすめできません。十分に抑制されていない状態で服用を中断してしまうと、些細なきっかけでウィルスが活性化してしまう可能性が非常に高いので、ある程度の期間は飲み続ける必要がありますし、身体の調子が悪いと思ったときには先手を打ってゾビラックスを服用しておくことも良いでしょう。常備薬としてゾビラックスの処方を医師にお願いすることは難しいケースもあるので、その場合は個人輸入代行サービスを行っている通販サイトを利用して、常備薬を購入しておくことがおすすめです。置き薬があれば症状が出そうなときや再発したときに、すぐに薬を飲むことができますので、一度感染してしまったことがある人は安心して生活を送るためにも用意しておいたほうが良いと言えます。ゾビラックスを服用していれば、性器ヘルペスを始めとした症状を再発させずにウィルスを抑制し続けることができますので、きちんと服用を続けるようにしてください。